• TOP
  • news
  • CCI、SNS運用コンサルティングサービス「CCI Social AdTrim」にて
    米Spaceback社の「ソーシャルディスプレイ広告」の活用開始

NEWSニュース

2022.04.26.

CCI、SNS運用コンサルティングサービス「CCI Social AdTrim」にて
米Spaceback社の「ソーシャルディスプレイ広告」の活用開始

PDFファイルで表示

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社CARTA COMMUNICATIONS(本社:東京都中央区、代表取締役社長:目黒 拓、以下CCI)は、SNSコンサルティングサービス「CCI Social AdTrim」において、Spaceback, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、共同創設者兼CEO:Casey Saran、以下Spaceback社)が提供する「ソーシャルディスプレイ広告」を活用したSNS送客サービスの提供を開始します。



Spaceback社は、「ソーシャルディスプレイ広告」のフォーマットを創ったアドテクノロジー企業であり、現在はグローバルにサービスを展開し、多くのクライアントへ提供しています。「ソーシャルディスプレイ広告」は、SNSでの投稿をもとにディスプレイ広告を自動生成する広告フォーマットです。「ソーシャルディスプレイ広告」で生成されたクリエーティブは、プログラマティック広告で配信することができるため、より多くのユーザーを企業のSNSアカウントに誘導することが可能となります。米国のある事例では、リターゲティング広告の1.5倍、通常のディプレイ広告の2倍のCTRを出すなど、非常に高い集客力を誇っています。

CCI Social AdTrimは、企業のSNSアカウントの運用からSNS広告まで、SNSマーケティングにおける必要施策全体をサポートしており、企業のSNSコンテンツ支援、集客支援を行ってきました。
今後は「ソーシャルディスプレイ広告」を活用することで、SNS上だけではなくプログラマティック広告配信によりインターネット上の様々な場所でSNSコンテンツを発信することが可能となります。これにより、投稿のリーチ数を拡大するとともに、ブランドやSNSアカウントのさらなる認知拡大を行ってまいります。

■サービスイメージ


この度、はごろもフーズ株式会社協力のもと、Twitterキャンペーンにおける「ソーシャルディスプレイ広告」のテスト配信を行ったところ、多くのユーザーがTwitterアカウントへ流入し、Twitter広告経由以外での新規フォロワー獲得数は、過去の類似キャンペーンと比較して63%増加する結果となりました。
※Twitter広告経由以外のフォロワー獲得手法は、「ソーシャルディスプレイ広告」以外に「オーガニック投稿経由」「リツイート経由」「オススメ欄経由」などが挙げられる。

≪はごろもフーズからのコメント≫
今までは、キャンペーンの投稿をした後は、引用リツイートによるユーザーへのリマインドとTwitter広告を活用した新規ユーザーへのアプローチを中心に行っており、Twitterをタイミングよく見ているユーザーやTwitter上でターゲットと識別できるユーザーに対してのみ訴求する形となっておりました。
ソーシャルディスプレイ広告は、Twitterを見ていないタイミングでのキャンペーンの告知や、Twitter上では識別できない潜在ターゲットに対しての情報発信が可能となり、情報を発信できるタイミング・ユーザーの幅が大幅に広がりました。
その結果、前回キャンペーンと比較してより多くのフォロワー獲得に繋がったため、今後Twitter上でキャンペーンを実施する際は、Twitter広告と併せてソーシャルディスプレイ広告の実施を検討していきたいと考えております。

今後もCCI は、付加価値の高いサービス提供を通じて、企業の効果的なマーケティング活動に貢献してまいります。

【はごろもフーズ株式会社について】
https://www.hagoromofoods.co.jp/
昭和6年創業、今年で91年目を迎える大手加工食品メーカー。
「シーチキン」・「シャキッと!コーン」をはじめとする缶詰やパウチ、パスタおよびパスタソース、削りぶし、のり、ふりかけ類、包装米飯、サプリメントなどの食品と、ペットフードなどの製品を幅広く製造・販売。
Twitterでは、シーチキン食堂(@seachicken8560)にて、「シーチキン」を使ったレシピや豆知識を中心に発信。
※「シーチキン」「シーチキン食堂」「シャキッと!」は、はごろもフーズ株式会社の登録商標です。

【Spaceback, Inc.について】
https://www.spaceback.com/
米Spaceback社は2017年に設立されたSocial Displayの業界リーダーです。Spacebackのプラットフォームは、SNS機能を全て活かしたまま、投稿を自然な形でメディアのプログラマティック広告に活用できます。Spacebackは、ファッション、リテール、旅行、自動車のトップブランドに利用されており、そのフォーマットは標準バナーよりもパフォーマンスが高く、また制作コストが抑えられるため、ブランド企業は最適なコンテンツをディスプレイ広告に簡単に表示することができます。また、インフルエンサーを通したコンテンツのリーチ拡大の支援も行っています。

【CCI Social AdTrimについて】
https://www.social-adtrim.cci.co.jp/
CCI が提供する、企業におけるSNS マーケティングの課題解決を提供するコンサルティングサービスです。プラットフォームごとに最適化されたプランニングにより、入口から出口までの必要施策をワンストップでサポートし、企業のSNS における最適なコミュニケーションを実現します。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社CARTA COMMUNICATIONS
メディアソリューション・ディビジョン 白岩・加藤
E-mail:SOCIAL-ADTRIM@cci.co.jp

【報道関係者お問い合わせ先】
株式会社CARTA HOLDINGS 広報担当
お問い合わせフォーム : https://cartaholdings.co.jp/contact-pr/