オンライン開催 オンライン開催
オンライン開催

インターネット通信環境の発展や
コネクテッドTVなどのデバイスの進歩は
これまでのテレビ番組に変革をもたらし、
インターネットを接続することで
「好きな時に自分の好きな番組を
見ることができる」
ように
大きく様変わりしてきました。

今年のフォーラムでは、
「プレミアムコンテンツとは何か」、
「どのように生み出されるのか」、
「どんな視聴体験させるのか」

ビデオ・マーケティングに取り組む企業や
DX化が進む放送局、
動画配信サービス事業者、
アドプラットフォーマーの方々をお招きして、
様々な角度から議論を進めていきます。

変革期を迎えている
オンライン・ビデオ・マーケティングの
最先端情報をお届けします。
お申し込みはこちら お申し込みはこちら お申し込みはこちら
cciロゴ

<登壇企業>

ライブとオンデマンドで11のセッションを配信!

タイムテーブル

セッションの内容は変更となる場合があります。
予めご了承くださいませ。

LIVE Session

オープニングセッション/変革期を迎えている
ビデオ・マーケティング

通信やデバイス環境、企業のDX化、ニューノーマルがもたらすメディア接触の変化を捉え、ビデオ・マーケティングを成功させる鍵を考える。
当フォーラムで視聴いただける様々なセッションの概要を紹介。

安達 紳之介
國分 寿隆

放送局における
キャッチアップコンテンツの
価値と
ビデオマーケティングの重要性

新型コロナウイルスの感染拡大による行動制限の影響でキャッチアップ配信サービスが飛躍的に伸びた1年。最新のキャッチアップサービスの状況や特徴、パフォーマンス結果を基にコンテンツの価値、ビデオマーケティングの重要性について紹介。

OTT利用実態調査から読み解く、
コネクテッドTVの普及と
デジタル動画とテレビの今後

OTT利用実態調査で見られたコネクテッドTVの普及状況から、今後のデジタル動画とテレビの関係やそのマーケティング方法について考える。

VIDEO Session

「TVer」が提供する
新しいテレビの価値と
ビデオマーケティングへの活用手法

民放テレビ局が連携するキャッチアップサービス「TVer」の紹介、その運営会社となる株式会社TVer設立の背景と今後の展開、および企業のビデオマーケティングへキャッチアップ配信を活用する方法について紹介

視聴ログの個人推計分離を活用した
新しいテレビ広告の事例と活用例~J:COM PMP~

地上波CM(CS放送)にインターネットのビデオ広告のエッセンスを盛り込んだ新しいテレビ広告商品の御説明と利活用について紹介

Unileverが東南アジアでどのような
ビデオマーケティングを
考えているのか、
最新の状況を聞く

東南アジアもOTTサービスが普及し、多くのサービスが存在しているなか、Unileverはビデオを使って、如何に生活者へメッセージを伝え、エンゲージメントを高めようとしているのか。主要な動画配信サービスViuもそれにどのように応えていこうとしているのか紹介。

PORTOが提供する、キャッチアップ広告の今後について

PORTOから配信するキャッチアップ広告の特徴や、ほかマスメディアとの同時配信による効果検証などについてを紹介。

海外のプレミアム動画広告最前線と、
日本からの取引方法について

グローバルでプレミアムビデオ広告在庫を扱っているSpotXがOTT市場、CTVについてグローバルと日本国内の状況を解説/海外のプレミアムビデオ広告在庫の購入方法を紹介/全く新しいビデオヘッダービッティングによる新しい入札方式、広告の視聴体験(UX)の紹介

SNS強化によって得られる
番組価値向上の可能性

SNS活用が番組価値向上に繋がる可能性について(番組&サブウェイ&Twitter社活用のフレームワークとフォロワーの価値について)

クッキーレス時代でのメディアの
自社データの重要性と
プライバシー配慮のポイント

メディアビジネスにおいてデータ活用が「なぜ」大事なのか、そして来るべきクッキーレス時代においてメディアデータはどうなるのか、また、データ活用において重要な、話題のプライバシー配慮についてもわかりやすく紹介。

5Gを見据えた
ビデオコマースのDX・CX化と
新たな販売手法の試みについて

従来のテレビ通販の形を変革させる、デジタルトランスフォーメーションとは。DXの成功にはカスタマーエクスエクスペリエンスが重要であり、どう提供し生活者へエンゲージさせ販売まで到達させるのか。後半からは、interFM897「sensor」のメインMC、DJ CARTOONさんと”買えるラジオ”について。スペースシャワーネットワークの柴田さんとはインタラクティブ・プロダクトプレースメントによる新たなブランドメッセージのソリューションの可能性について。お二人をゲストに招きトークセッションを実施。

米国のコロナ禍での各広告主の状況や
広告主との関わり方の変化、
番組制作や
公開の遅延をどう対処したのか
プレミアムビデオにおける運用型広告タイプの
トレンドと
プログラマティック・コネクテッドTVについて

映画やニュース、アニメなど250以上のチャンネルをオンデマンドで毎日24時間無料で広告付ビジネスモデルで配信を行なっており、 月のアクティブユーザー数が前年比55%増で急成長を続けるViacomCBSグループのOTTビデオサービスであるPlutoTVはコロナ禍をどう捉えているのか、広告主の課題に応えようとしているのかを紹介。

イベント動画はこちら イベント動画はこちら イベント動画はこちら