• TOP
  • news
  • CCI、サティス製薬と協業し、D2Cブランドプロデュースサービスを提供開始
    ~コスメカテゴリに特化したブランドの立ち上げから物流までトータル支援~

NEWSニュース

2021.08.31.

CCI、サティス製薬と協業し、D2Cブランドプロデュースサービスを提供開始
~コスメカテゴリに特化したブランドの立ち上げから物流までトータル支援~

PDFファイルで表示

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社CARTA COMMUNICATIONS(本社:東京都中央区、代表取締役社長:目黒 拓、以下CCI)は、EC領域におけるコンサルティングサービスである「Commerce Container」にて、化粧品の開発・OEM製造を行う株式会社サティス製薬(本社:埼玉県吉川市、代表取締役社長:山崎智士)と協業し、コスメカテゴリに特化したD2Cブランドプロデュースサービスの提供を開始いたします。

経済産業省の報告書※1によると、2020年の日本国内の物販系分野でのBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は12兆円を超え、大幅に市場規模を拡大しました。また、「D2C」(Direct to Consumer)と呼ばれる、メーカーが自社で開発・製造した商品を直接消費者に販売するビジネスモデルも近年急速に増加してきております。なお、化粧品のEC化率は2020年時点で6.72%と物販系分野の全体平均8.08%を下回っており※2、今後EC化が進んでいく市場と見込まれています。

このような背景から、インフルエンサー等の個人の起業はもとより企業の新規事業まで様々な規模でD2Cブランドの立ち上げに関する事業検討がされている一方で、ブランド戦略の立案から商品の開発・製造、集客、物流まで多くの知見が必要となります。

ECマーケティング領域における知見や、広告プロモーションで多数の実績があるCCIと、通販・D2Cブランドに特化したOEMサービス(開発~製造)で業界最大の実績を持つサティス製薬が共同でD2Cブランドプロデュースを行うことで、ブランドの立ち上げからバリューチェーンの構築までを支援してまいります。

また、ローンチされた製品を定期解約率やLTVを元にデータドリブンにアップデートをしていくことで、早期のプロダクトマーケットフィットを目指します。

本サービスで提供する具体的な内容は以下の通りです。



・戦略策定・事業計画
・化粧品商品企画
 (化粧水、乳液、美容液、クリーム、クレンジング、石鹸、洗顔料、シャンプー、トリートメント、ボディソープ、ゲル、リップ、フェイスマスク等)
・ShopifyなどクラウドECサービスを活用したオウンドECの構築、運用
・Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング/PayPayモールへの出店支援、運用代行
・WEBメディアプランニング
・ソーシャルメディアアカウント運用、インフルエンサーの活用
・受注管理、物流配送、カスタマーサービスを含めたフルフィルメント対応

など

CCIは、今後もEC領域における付加価値の高いサービス提供を通じて、お客様のマーケティング活動の支援を行ってまいります。

※1 出典:経済産業省『「令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」(2021年7月30日発表)
※2 出典:経済産業省『「令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」報告書内、『物販系分野の BtoC-EC 市場規模』


■Commerce Container
 https://www.commerce-container.cci.co.jp/ 

■株式会社サティス製薬
 https://www.saticine-md.co.jp/

以上
 

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社CARTA COMMUNICATIONS
メディアソリューション・ディビジョン ECマーケティングチーム
E-mail: commerce@cci.co.jp

【報道関係者お問い合せ先】  
株式会社CARTA HOLDINGS 広報室
お問い合わせフォーム:https://cartaholdings.co.jp/contact-pr/