• TOP
  • news
  • DataCurrent、データエンジニアのスポットコンサルティングサービス
    「Data Engineer Hub」を提供開始
    ~高い専門性をもつデータエンジニアにより、企業のデータ活用を支援~

NEWSニュース

2021.08.31.

DataCurrent、データエンジニアのスポットコンサルティングサービス
「Data Engineer Hub」を提供開始
~高い専門性をもつデータエンジニアにより、企業のデータ活用を支援~

PDFファイルで表示

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、企業のデータ利活用の推進を行う株式会社DataCurrent(本社:東京都中央区、代表取締役社長:多田 哲郎、以下「DataCurrent」)は、データ専門エンジニアにスポット案件の依頼が可能なサービス「Data Engineer Hub」の提供を開始いたしました。さまざまな経験・スキルを持つデータエンジニアにより、企業のデータ活用における技術的な課題の解決をサポートいたします。

「Data Engineer Hub」資料ページ:
https://www.datacurrent.co.jp/documents/datacurrent-dataengineerhub-20210716/

昨今、企業のデジタル化が推進する一方で、「デジタル人材の確保と育成」は多くの企業が抱える課題の一つで、特にデータエンジニアリングの領域においては顕著にあらわれています。(※)

こうした課題にお応えするため、DataCurrentは、さまざまなスキルや経験を持つ当社エンジニアが、データ活用における技術的な課題の解決をサポートする、スポットコンサルティングサービスの提供を開始いたしました。

■ご提供サービス例
 ・個別勉強会・セミナー実施
  ✔ 業界動向勉強会
  ✔ セミナー登壇
 ・エンジニアリング支援
  ✔ カスタムJavaScript作成
  ✔ データパイプラインの構築
  ✔ Pythonによるデータの前処理
 ・機械学習実務支援
  ✔ オーディエンスデータの拡張
  ✔ 入力データのコンサルティング
  ✔ PythonによるカスタムScript作成

■稼働開始までの流れ
 1. ヒアリング
  └案件・プロジェクト概要についてのヒアリング実施
 2. 条件整理
  └当社にて必要スキルを持つエンジニアを選定の上、条件に合わせてお見積り
   ※ご要望に応じてエンジニアとの事前の面談も可能です
 3. ご契約
 4. 稼働開始

詳細はサービス資料をご確認ください。
「Data Engineer Hub」資料ページ:
https://www.datacurrent.co.jp/documents/datacurrent-dataengineerhub-20210716/

今後もDataCurrentは、より多くの企業にとって、また社会にとって役立つソリューションの提供とサービス作りを目指してまいります。

※出典「平成 30 年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(IT 人材等育成支援のための調査分析事業)」(経済産業省)
 https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

■DataCurrentについて
生活者主体の考え方に基づくデータ活用を推進する専門会社として2019年6月3日に設立いたしました。CDP導入支援のみならず、データ戦略設計から分析、広告配信、データプライバシーに関するアドバイザーサービス、新事業立ち上げサポートまでお客様の課題に沿ったデータ活用推進に必要なサービスを一貫してご提供しています。


【本件またはリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社DataCurrent 広報
E-mail: info@datacurrent.co.jp

【報道関係者お問い合わせ先】
株式会社CARTA HOLDINGS 広報室
https://cartaholdings.co.jp/contact-pr/