• TOP
  • news
  • CCIの「DataCurrent」、2nd Partyデータ提供サービス「Media Mercato」を開始
    ~データエクスチェンジにおける2nd Partyデータ取扱いを強化~

NEWSニュース

2019.11.20.

CCIの「DataCurrent」、2nd Partyデータ提供サービス「Media Mercato」を開始
~データエクスチェンジにおける2nd Partyデータ取扱いを強化~

PDFファイルで表示

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI) は、データコンサルティングサービス「DataCurrent※1」において、2nd Partyデータのデータ提供元数を27社38メディアまで拡充し、新たに「Media Mercato(メディア・メルカート)」という名称でサービス提供を開始します。


「Media Mercato」では、提供元が明かされたオーディエンスデータを2nd Partyデータとして提供するため、マーケター等のデータ利用者は、より具体的なターゲットイメージを把握し、かつブランド毀損などのリスクを抑えながらセグメントデータを活用することができます。

引き続き、CCIは「Media Mercato」の2nd Partyデータ拡充を図り、「DataCurrent」サービスの積極的なプロダクト強化を通じて、企業のデジタルマーケティングを支援して参ります。

※1 DataCurrentとは
DataCurrentは月間4億ユニークブラウザー(UB)、1億のモバイル広告IDを保有している国内最大級のデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)を基にしたCCIのデータコンサルティングサービスの名称です。多くの企業のプライベートDMP導入支援やDMP導入後の運用サポートを通じて得たノウハウを活かして、データパートナー企業から提供される膨大なデータを独自に解析し、セグメントの生成/提供をしています。

本件に関するお問い合わせ先  
株式会社サイバー・コミュニケーションズ 
データ・ソリューション・ディビジョン 田中
E-mail: second-req@cci.co.jp

リリースに関するお問い合わせ先  
株式会社サイバー・コミュニケーションズ
マネジメントオフィス 小泉
E-mail: press@cci.co.jp