history 沿革

  • 1996年 6月 (株)電通とソフトバンク(株)の共同事業として資本金1億円で設立
  • 1996年 7月 ヤフー(株)のインターネット広告の取り扱いを開始
  • 1996年 10月 マイクロソフト(株)のインターネット広告の取り扱いを開始
  • 1998年 1月 アドネットワーク事業を開始
  • 2000年 4月 大阪支社を設立
  • 2000年 9月 大阪証券取引所ヘラクレス市場(現:新ジャスダック市場)上場
  • 2001年 7月 J-フォングループ(現・ソフトバンク)との合弁事業により、モバイル広告を専門に扱うメディア・レップとして、(株)ジャパン・モバイル・コミュニケーションズを設立
  • 2003年 10月 東京証券取引所マザーズ市場へ変更(大阪証券取引所ヘラクレス市場は2004年上場廃止)
  • 2004年 5月 動画広告事業開始
  • 2006年 1月 国内最大級アドネットワーク「ADJUST」を構築
  • 2006年 3月 九州支社を設立
  • 2006年 4月 中部支社を設立
  • 2008年 1月 クロスメディア事業開始
  • 2008年 10月 OOH事業参入
  • 2009年 2月 全国地方新聞社によるECサイト「47CLUB(よんななくらぶ)」におけるリアル販売の実施
  • 2009年 2月 音声広告事業開始
  • 2009年 7月 (株)電通の完全子会社化に伴い、東証マザーズ市場から上場廃止
  • 2011年 1月 スマートフォン向け広告事業開始
  • 2011年 3月 (株)クライテリア・コミュニケーションズを吸収合併
  • 2011年 10月 ソーシャルメディア上の評判分析ツール「Communication Explorer」のサービス開始
  • 2012年 6月 オンラインアドエクスチェンジ事業開始
  • 2012年 7月 RTBを活用したターゲティング広告運用サービス『PerformanceX』の事業を開始
  • 2013年 3月 CCIとDAC、DDAI(Data Driven dvertising Initiative)を設立
  • 2013年 9月 アド・ベリフィケーション・サービスを提供開始
  • 2013年 10月 媒体社向けデータマネジメントサービス開始
  • 2014年 8月 (株)D2Cと、デジタルマーケティング事業における包括的な業務提携を開始
  • 2014年 10月 広告在庫資産運用サービス「Inventory Portfolio Management(IPM)」の提供を開始
  • 2015年 5月 LINE ビジネスコネクトに対応したカスタマーサポート支援ツール「CLINE by KARTE」の提供を開始
  • 2016年 9月 ロケーションベースマーケティング事業を開始
  • 2017年 1月 米国の「The IAB Technology Laboratory」に加盟
  • 2017年 2月 ADJUSTを「BeyondXシリーズ」として名称変更及びサービス刷新
  • 2017年 8月 女性活躍推進法に基づく優良企業として、厚生労働大臣認定(えるぼし認定)最高位を取得
  • 2017年 9月 Local Media Consortiumプロジェクトを立ち上げ、地方新聞社とのデジタルにおける取組みを強化
  • 2017年 10月 インテグラル・アド・サイエンス社らと「アドベリフィケーション推進協議会」を発足
  • 2018年 1月 広告配信プラットフォーム「BeyondX」がIAB Tech Lab Measurement Compliance Programの認証を世界で初めて取得
  • 2018年 3月 (株)電通、SSP事業者らと共に「ヘッダービディング推進連合会」を発足