サイバー・コミュニケーションズ(インターネット広告)

分析コンサルティング

ビジネス価値を最大にする最適なサイト運営をサポート

企業サイトを顧客接点としてマーケティングに活用するためには、サイトに人を集める施策と集めた人をビジネス価値へと変換することが重要です。サイバー・コミュニケーションズのサイト分析コンサルティングは、自社メディアや広告メディア、ソーシャルメディアといったウェブマーケティングに携わるトリプルメディアを分析し、最適なサイト運営のかたちをデザインします。
また、お客様が実践する多様なプロモーション効果の「見える化」を行うため、あらゆるソリューションやプラットフォームを提供しています。ビジネス価値を最大にする最適なトータルマーケティング支援を実現します。

アクセスログ分析

ターゲットユーザーのサイト行動を把握し、ウェブサイトがビジネスに及ぼす影響を分析することで、最適なサイト運営をサポートします。
サイバー・コミュニケーションズでは、マーケティング活動の「見える化」を行い、あらゆるデータを用いてPDCAサイクルを実践し、効率化とビジネス価値を追求します。
ソーシャルメディア分析やスマートフォンアプリ分析、複数のセッションを時系列に紐付けながら行動を分析するユニークユーザー分析など、最適な分析手法を用いてウェブマーケティングを支援します。

基本的なサイトの分析視点 (全体像)

広告効果分析

広告出稿データやレスポンスデータに基づいて、メディア効果を検証し、メディアごとの特性を把握することで目的に合致したメディアの選定・活用を行います。情報収集、比較、購入などの意思決定を行うタイミングや場所は商材・ターゲットによって異なります。間接広告効果やインプレッションを含めた異なるメディア間の効果を分析できる第三者配信の利用など、より正確な行動特性を捉えることでプロモーションの実効性を解明し、ターゲットに合致したメディアプランの実現します。

メディアプラン・SEO・SEMの最適化

LPO(ランディングページ最適化)

LPO(ランディングページ最適化)とは、ユーザーが初めてサイトに訪れるページ(ランディングページ)をユーザーの目的に適した内容に改善することを意味します。ユーザーを目的まで誘導できるかどうかは、最初のページの印象が重要です。流入元、行動履歴、ユーザー環境などの情報を基にユーザーセグメントを設定し、ABテストやソリューションを用いてセグメントごとのゴールを明確化します。最適な戦略とプラットフォームを提供し、業態やニーズに適したデザイン設計を追求することで、費用対効果の高いLPOを実現します。

LPO(ランディングページ最適化)手法例

ユーザビリティ分析

ユーザビリティ分析とは、ウェブサイトの課題・問題点をユーザー視点から抽出し改善します。シナリオごとのコミュニケーション成果を明確化し、アクセスログ分析や広告効果分析ではわからないユーザーニーズをユーザビリティテストやヒューリスティック評価などを用いて調査します。成果を上げるための仮説検証を繰り返すことにより、精度の高いページ構成や情報提供を実現します。

ヒューリスティック評価 ユーザリビティテスト 停留時間描写(ヒートマップ) 視線描写(ゲイズプロット)
ˆ