サイバー・コミュニケーションズ(インターネット広告)

広告プランニング

広告配信最適化

従来の広告枠を販売するビジネスから、現在はオーディエンスデータを販売する、「枠(スペース)」から「人(オーディエンス)」へのビジネスが普及してきています。
CCIでは国内最大級の2,600社のネットワークを生かして、様々な良質メディア様からそれらのデータを収集し、広告商品やマーケティングデータとして活用しております。

また、従来は媒体社の規定に従った広告配信が主でしたが、第三者配信をすることで配信の制御・運用・分析を広告主様および広告会社様にリアルタイムで行っていただくことが可能になります。

オーディエンスターゲティング

「枠(スペース)」から「人(オーディエンス)」へ。

「オーディエンデータ」とは、複数のサイトでの行動履歴データ(コンテンツ閲覧履歴、検索履歴、コンバージョン履歴、アクセス元履歴等)を複合的に分析し、生成されるクラスタに対して、ターゲティング広告を配信することを可能にした広告手法です。

従来の行動ターゲティング広告に比べ、ユーザインサイトに対してより深くアプローチし、高い効果を実現します。

複数のプレミアムサイトから各種データを収集 蓄積した各種データから、ユーザー行動等を考慮したセグメント設計を弊社にて行います。 セグメント化したユーザーが配信先のサイトに訪れた際に広告表示。

特長

  1. 1ターゲティング広告 / DSP対応 / AdExchange対応/AdNetwork対応
  2. 2ユーザインサイトに基づいたより深いアプローチで、高い効果を実現。
  3. 3PDCAサイクルの実施。

第三者配信

cciでは第三者配信を活用して下記のような課題・項目を解決します。

これらのディスプレイ広告を活用した広告の測定・運用をcciは第三者配信を活用して実現します。

計測データの一元管理 データ分析 分析結果を配信へ適用

特長

  1. 1フリークエンシーコントロールなどの広告配信の精緻化
  2. 2媒体社の規定に依存しない大容量・リッチアド配信の実現
  3. 3ビュースルーコンバージョン・アトリビューション分析などの新たな効果指標
ˆ